黒星祭(厄除祈願祭)

1月中旬
暦の年盤方位図の中央・北・(うしとら)(北東)・(ひつじさる)(南西)の位置にある星(一白水星など九星ある)が『黒星』といわれます。これが『厄年』で、厄年に当たった年は難病災難が多く、気運にも変動がはげしく要注意とされています。また病気にかかると重病長病になったり、不時の災難・交通事故・難産・流産・事業不振失敗等は黒星(厄年)に多いといわれております。