七五三詣のご案内

七五三詣は、男女共3歳を髪置(かみおき)、男児5歳を袴着(はかまぎ)、女児7歳を帯解(おびとき)の祝として、11月15日に産土神(うぶすながみ)に参拝し、健やかな成長を祈る儀式です。

髪置(かみおき)

適当に切ったり伸ばしたりしていた髪を整え始める祝いで、鎌倉時代から始まり、公家で2歳、武家で3歳、女児は5歳となっていましたが、江戸時代より男女共3歳で行うようになりました。

袴着(はかまぎ)

紋付きや袴を身につけ、服装的に大人の仲間入りをする祝いで、すでに平安時代に男女共3歳から7歳までに行われており、江戸時代に広く普及し、5歳の男児に限って行われるようになりました。

帯解(おびとき)

幼いころの着物に縫い付けられていた紐を取り、初めて帯を使用するときの祝いで、すでに室町時代には男女とも9歳で行っており、江戸時代末期からは女児7歳の祝となりました。

七五三の御祈祷について

受付日

 11月15日と11月の土曜日・日曜日・祝日は予約不要です。
これ以外の日はこちらのページ又はお電話で予約が必要です。
(年中受け付けております。)

新型コロナウイルス感染症対策として、ご祈祷に予約制を取り入れます。また、一度にご昇殿いただける人数を制限させていただく場合があります。

例年であれば密になることはありませんので、上記の期間は予約がなくてもご祈祷は可能ですが、事前予約の方が多数いらっしゃる場合は、待ち時間が長くなる可能性がありますので、事前の予約をお勧めいたします。

受付時間 午前9時~午後4時
受付場所 髙嶺神社社務所(山上)
御祈祷料 お一人につき 5,000円以上お志
きょうだい二人の場合 8,000円以上お志
きょうだい三人の場合 10,000円以上お志
その他
  • 七五三のご祈祷を受けたお子様には、御札・御守・千歳飴・記念品を授与しております。(千歳飴は10月中旬〜12月末まで)
  •  満年齢でお参りされてもかまいません。
  •  平服でもかまいません。

令和3年の七五三祝い(数え年)

三歳 平成31年生まれ
令和元年生まれ
男児・女児
五歳 平成29年生まれ 男児
七歳 平成27年生まれ 女児

ご祈祷の予約はこちらから